2011年10月28日金曜日

任天堂、3DS不振で初の最終赤字

任天堂は10月27日、2012年3月期の連結当期損益が
200億円の赤字になる見通しであると発表したらしい。

3DS、1万円値下げした割には売れていないのかな?

まあ、個人的にはやりたいソフトがないってことと、
3Dは必要あるのか?って感じだね。

どうも3Dは目が疲れるらしいので、子供にはどうかと思うし、
あんな小さい画面で3Dなんて必要あるかなって正直思うね。

任天堂は昔バーチャルボーイで大いにコケたので、3Dには
懲りたと思っていたけど、今度も3DSでコケるのかなって感じだね。

バーチャルボーイに比べれば3DSはかなり売れているとは思うけど、
多くの人は3Dなんて望んでいないんじゃないかな?

まあ、3Dを生かした面白いゲームを作ってくれることを期待します。

0 件のコメント:

コメントを投稿