2011年10月2日日曜日

500京円バレた日本の金塊太り

世界で有数の「金塊保有国・日本」は、最終的に、世界経済を救わざるを得ないのではないか

http://news.livedoor.com/article/detail/5905289/

米国と英国が保有している「金」は、ほとんどが、「ニセの金」であり、
タングステンに金メッキして、積み重ねて、金融関係者を騙し続けてきている。

一方、日本が保有する金は、概算で500京円もあり、いまでも日々、
太り続けているということらしい。

一般庶民には、にわかには信じがたいことだけど、これが本当ならば、
金を売り払って、借金をなんとかしたらどうでしょうかね?

500京も金があるなら、増税なんてしなくていいし、こんなのを
ため込んでいたところで、何の意味もないので、ため込んでおかないで
使おうよといいたい。

500京だよ、500京、ほんとなんだろうかね、この話?

0 件のコメント:

コメントを投稿