2013年1月27日日曜日

ネットバンク不正送金、三菱東京UFJ銀行など4行で被害

インターネットバンキング、通称ネットバンキングで
顧客の口座から預金が相次いで不正送金された事件で、
三菱東京UFJ銀行の7口座から計約1400万円が送金され、
うち約1000万円が引き出されていたことが1月26日に、
捜査関係者への取材で分かったということだ。

みずほ銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行の3行でも
被害があり、年に入り、合わせて14件の被害が
確認されており、送金額も合計約1700万円に
上ることも判明しているということだ。
しかし、この問題、なかなか解決しませんね。

この際、ネットバンキングはガラケーのみからの利用に
限定するとかにした方がいいんじゃないでしょうかね?

スマホはPCと同じようなものだから、ウィルスが仕込まれる
可能性もありますからね。

送金先口座の多くは中国人とみられる名義ということなので、
恐らく、中国系のハイテク詐欺集団が関係しているのだろうけど、
日本のサイバー対策室ももっと迅速に対策して貰いたいものですね。

日本もホワイトハッカーとかをちゃんと雇ってこういったサイバー犯罪に
対応して行かないと、いつまで経ってもこういった事件が起こりそうな
感じがしますね。

そうそう、昨日、友達から久しぶりに電話があり、アダルトサイトの
架空請求画面がPCに表示されたまま消せなくなったので、
どうすればいいのかって泣きついてきました。

詐欺なのは分かっているので、画面に表示されている電話番号に
電話したりはしていないようですが、子供のPCを使うし、非常に
困ったと言っていました。

解決策としては、常駐している詐欺ソフトを削除することなんですが、
タスクマネージャーで特定していき、それを削除して、レジストリなどを
修正するしかなく、結構、時間がかかりそうな感じですね。

怪しい無料のアダルトサイトなんかにいくと、こういったウィルスもどきの
ソフトをインストールさせられることがありますので、無料でアダルトサイトを
見ようだなんて思わずに、安全なサイトを利用するようにした方がいいですね。

安全にエロ動画ダウンロード方法なんかが参考になると思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿