2013年3月30日土曜日

ブラザーファクス発火の原因は猫の尿で60万台、部品交換

ブラザー工業は3月29日、猫の排尿が原因で焼損事故が
発生したとして、2000年9月~05年11月に生産した
家庭用ファクス機の約60万台を無償点検し、部品を
交換すると発表したということだ。

これはネタかと思ったんだけど、まだエイプリルフールではないし、
どうやら本当のことのようですね。

しかし、アメリカではありそうなクレームだけど、日本でも
こんなので無償点検とかちょっとやりすぎじゃないかな?

ってか、猫って、決まった場所以外でもオシッコをするんだね。

うちの猫は、絶対、決まった砂場でしかオシッコをしないけど…

これはやっぱり躾の問題じゃないのかな?

まあ、猫のオシッコはともかく、こんなので無償点検するとなると、
他のメーカーもやらないとヤバイんじゃないかな?

多分、防水とかにはなってないだろうし…

いや、でも、ほんと、やり過ぎな感じがするね。

ネタとしか思えないわ。

こんなので企業イメージが良くなるとは思えないし…

0 件のコメント:

コメントを投稿