2013年9月25日水曜日

アマゾンが第2・3類の薬販売開始し、ネット市場規模拡大か?


ネット通販大手のアマゾンジャパンは9月24日、
一般用医薬品(大衆薬)の販売を始めたことを
明らかにしたということです。

大衆薬のネット販売規制を無効とした最高裁判決を受け、
厚生労働省は現在、薬のネット販売の新ルールを検討中ですが、
アマゾンジャパンの参入により、インターネット通販業界で、
薬のネット販売が加速するとみられています。

アマゾンジャパンが扱う薬は、ビタミン剤など比較的副作用の
少ない「第3類医薬品」のほか、比較的リスクがあるとされる
かぜ薬などの「第2類」も含まれるということで、品目数は
1千数百以上とみられるとのことです。

ただし、書籍のようにアマゾンが直接販売するのではなく、
アマゾンが運営するネットモールに出店している小売業が
販売するということなので、楽天やヤフーショッピングに
出展しているお店が薬の販売を行うというのと同じという
ことですね。

薬剤師が問い合わせに応じることが可能な小売業者が
対象なので、普通の薬のネット通販と大して変わらないです。

要は、アマゾンも参入するよってだけの話で、別にどうということは
ないのですが、このアマゾンの参入で、薬のネット市場規模が
拡大するのではないかと危惧するリアルなドラッグストアの声も
あるようです。

アマゾンが直接運営するわけではないので、書籍のように
送料が一律無料ということもありませんし、ショッピングモールに
参加しているお店が頑張らないと、そこまで脅威とは思えないですね。

まあ、アマゾン自体に集客力はありますので、少しはネットでの
薬の販売市場が拡大するかもしれませんが…

でも、第2・3類の薬の販売のみなので、医薬品を購入したい場合には、
従来どおり、医薬品の個人輸入代行をしないといけないですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿