2014年5月8日木曜日

3Dプリンターで拳銃5丁製造の男、銃刀法違反容疑で逮捕

3Dプリンターで製造した殺傷能力のある拳銃を所持したとして、
神奈川県警は5月8日、銃刀法違反(所持)の容疑で、神奈川県
川崎市高津区久末、湘南工科大学職員、居村佳知(いむらよしとも)
容疑者(27)を逮捕したということです。


神奈川県警によると、3Dプリンターで製造した拳銃に絡んで
銃刀法を適用するのは全国で初めてだとか。

3Dプリンターで銃を作れるとはすごいですね。

ってか、どこで、銃の設計図を手に入れたのかというと、海外のサイトで、
銃の設計図をダウンロードして入手したようです。

3Dプリンターって今や昔の一昔前のパソコンより安いぐらいの
値段で買えるので、銃の設計図さえあれば、簡単に3D銃が
作れてしまいますね。

まあ、3D銃を作って所持していると、銃刀法違反容疑で逮捕
されるということなので、いくら海外サイトから設計図を
ダウンロードできても、実際に作るとヤバイですね。

3Dプリンターがどういうものか知りたい場合には、3Dプリンター通販サイトご覧ください。