2015年7月3日金曜日

無資格調剤は薬剤師が確認しても違反と厚労省が都道府県や関連団体に指導


東証1部上場の調剤薬局チェーン「ファーマライズホールディングス」傘下の薬局で、薬剤師資格のない事務員が調剤を行ったとされる問題を受け、厚生労働省は都道府県に対し、無資格者による調剤行為の再発防止を図るため、管轄下の薬局への適切な指導を求める通知を出しました。

厚生労働省によると、無資格者が医薬品を直接計量・混合することは、「たとえ薬剤師による途中の確認行為があっても薬剤師法の第19条への違反に該当する」としています。

薬剤師って給料が高いので、人件費の問題を考えると、そう何人も雇えるわけではなく、こういうことって、ファーマライズホールディングスだけでなく、他の大手ドラッグストアでもやっていそうですね。

厚労省は、都道府県だけでなく、日本薬剤師会や日本保険薬局協会、日本チェーンドラッグストア協会などの関連団体に対しても、今回の通知を出して会員の薬局や薬剤師への指導を呼び掛けていますので、今後はこういったことが少なくなるかもしれませんが、忙しい現場は新たに薬剤師を雇わないと、なかなか大変かもしれませんね。

薬剤師は人材不足で引く手あまたなので、薬剤師の資格を持っている場合には、より待遇の良いところを探したほうがいいでしょうね。

ハローワークなんかより、民間の無料転職サービスを利用したほうが良い案件が見つかる可能性が高いです。

薬剤師の年収については、薬剤師年収高い求人なんかを参考にするといいかと思います。